1歳の誕生日は、「一生」食べ物に困らないようにという意味が込められている一升餅で祝おう!

僕の実家は伝統行事?のようなことを行わなかったので、一升餅どころか、七五三もやってません。それはそれで別になんとも思っていないのですが、嫁の実家は様々な行事を行ったと聞いていて、嫁の希望で一升餅もやることにしました。

そもそも一升餅とは?

子供の満一歳のお祝いのときに用いられる。「一升」と「一生」を掛けて一生食べ物に困らないようにという意味が込められている。(中略)この一升餅を「背負餅(しょいもち、せおいもち)」と呼び、寿の文字や子供の名前を書いた一升餅を1歳の子供に風呂敷や餅袋等で背負わせ、子供が背負い立てない姿、転ぶ姿を将来への夢や希望の願いを込めて見守る行事がある。
引用:Wikipedia

嫁いわく、生まれた時から決めていた

嫁も1歳の誕生日には一升餅を背負わされたようで、生まれた時からこどもの1歳の誕生日にはやってみよう!と決めていたとか。親が自分にしてくれた事と同じ事をしてあげたいという親心が半分。単なる興味が半分だって。

インターネットで検索するといろんな種類の一升餅が出てきました。大きな丸い餅が1つもしくは2つ、ハート型、小さな丸い餅がたくさん、など。こどもに背負わせた後はもちろん大人が食べることになるので、切り分けしやすい形が良いです。ということで検討の結果、大きなお餅が2つにしました。

伊富貴の一升餅の良いところ

大きなお餅2つを頼みましたが、そのうち1つは単に可愛いからという理由でハート型を選択。名前と生年月日を無料で入れてくれて、お祝いムードも一気に増します!

伊富貴の一升餅のちょっとアレなところ(というか、親の不注意)

子どもに背負わせる時、一升餅に付いていた袋に入れて背負わせたのですが、重さで紐が子どもの肩に食い込んでしまい痛かったようです。背負って頑張って歩いていたのですが、泣いてました(気がつけよ、親。。。)

タオル等のクッションとなるような物を巻くか、肩に食い込まない背負いやすいリュックがあると良いと思います。

ちょっとググったら、こんなかわいい風呂敷があるんですね。やる前に見付けたかった・・・!

一升餅のまとめ

泣きながらも頑張って少し歩き、その瞬間はスゴイ!と大興奮でした!でも、ふと将来は親元を離れて行くんだなぁとなぜか実感。当たり前と言えば当たり前なんですが、少し寂しくもなりました。

この一升餅、もちろん背負った後は食べるのですが、息子の名前が入ってる餅を切り分けるのはなんとも言えない複雑な気持ちになりましたので、ご注意を!