こどもよりも親が夢中に!マグネットでくっつける「Magformers(マグフォーマー)」


知育系のおもちゃ屋さんは、ららぽーとなどの大きなショッピングモールに行くと必ずあります。こどももそこに普段見ることがないおもちゃがあるとわかっているので、見つけると行きたがります。いつも遊ぶだけで買うことはないのですが(すみません)、その時はMagformers(マグフォーマー)が遊べるように準備されていて、親がはまってしまい購入しました。

Magformers(マグフォーマー)の良いところ

なんと言っても、子どもと一緒に大人も楽しく遊べることが◎

Magformers(マグフォーマー)は、マグネットでつなげられるピースを組み合わせて、様々な形を作ることが出来るおもちゃです。積み木やレゴブロックなどとは違い、マグネットなのでピースどうしを近づけるだけで「カチッ」とくっつくので、2歳児でも簡単にくっつけて遊んでいます。

もう少し大きくなったら、立体的に形を捉える勉強になるかなぁという期待もありますし、なによりこどもと一緒に楽しみながらロボットや恐竜などいろいろな物を作ることができるのが良いです。

おもちゃなのに、オシャレ

色もカラフルでとても可愛く、作ったまま飾って、インテリアとして置いておいてもオシャレです。完成したクルーザーを飾っておいたところ、遊びに来た友人が「何コレ?おもちゃなの?」と言ってました。

Magformers(マグフォーマー)の少し気になるところ

価格が少し高めです

海外製品で輸入物だからなのか、価格が少し高めであることは気になっています。購入した時は5,000円くらいでした。もう少しリーズナブルだとパーツが沢山買えて嬉しいです。もしかしたらショッピングモールのおもちゃ屋さんよりもネットの方が安いかもしれません。

参考まで。

Magformers(マグフォーマー)のプラスアルファ

うちの息子は2歳前なので、まだ形を作ることはできず、四角のパーツをくっつけて一列に並べたり、重ねてくっつけたりして遊んでいます。3歳くらいになると色々な形を作ってくれると聞いているので、「そのうち、ビックリするものを作ってくれるかも!」と密かに楽しみにしています。